もくじ

第一日目 11月3日(土)

13:00~ 亥の子巡行 本通・金座街

地域の子ども達が集い、無病息災、商売繁盛、子孫繁栄、 五穀豊穣などを願い、
囃子歌を歌いながら亥の子石をついて巡る旧来の行事。

広島を中心に中四国地方の一部に伝わる行事で、各地で囃子歌が異なるなどの特色があります。
子ども達が広島の中心部に伝わる囃子歌を歌いながら、本通りから金座街を巡行します。

亥の子巡行亥の子巡行02

15:00~ 大イノコ 袋町公園

第一日目の「大イノコ」は、"家族"をテーマとしている。公募した家族に参加していただき、竹の力をかりて1.5トンの大石を吊り上げ「亥の子」を行う。

大イノコ

19:00~ 表祝祭 袋町公園

表祝祭の今年のテーマは『境界』。テーマに沿った思いを表現し、感謝の気持ちを大石や竹を含めた自然に捧げます。

祝祭

第二日目 11月4日(日)

13:00~ 大イノコ 袋町公園

第二日目の「大イノコ」は、"地域"をテーマとしている。地域の方々に参加していただき、竹の力をかりて1.5トンの大石を吊り上げ「亥の子」を行う。

二日目大イノコ

18:10~ お練り

本通りから袋町公園までを参道と見立て、和太鼓を中心とした一団が練り歩きます。袋町公園では石動に太鼓の演奏や舞を奉納します。

お練り

18:30~ 裏祝祭 袋町公園

裏祝祭では、お練りから帰ってきた楽団の音から始まり、「振る舞い」の餅まきや、「大石揺らし」「綱切」の流れで大イノコ祭りを締めくくります。

祝祭02祝祭03

20:00~ 綱切り 袋町公園

祝祭02祝祭03

参加型セレモニー 折鶴のお焚き上げ『はばたき』11月5日(土)~11月6日(日)

はばたきロゴ

概要

■日時:11月5日(土) ~ 11月6日(日)
■場所:袋町公園

世界中から広島に寄せられた沢山の折り鶴、希望へ向けての「はばたき」をテーマとし折り鶴のお焚き上げを行うという新しい形の参加型セレモニーを「大イノコ祭り」に連動して実施する。

はばたきの様子はばたき

はばたき 趣旨

『はばたき』は、広島によせられた多くの思いに感謝しながら折鶴の羽を1羽1羽広げ、炎を用いて天に羽ばたかせ、灰を土に戻す営みである。

日々、広島平和記念公園には国内はもとより世界中の人々から数多くの折鶴が「平和の象徴」として手向けられている。これは、戦争死没者を追悼する思い、世界の恒久平和を誓う強い思いなどが折鶴に形を変え、広島に手向けられたということである。それは端的にいうと「人々が国境や人種を超え、他者へ思いをよせた現れ」である。

広島は、このような思いが世界中から集まる都市なのである。炎は太陽光か木々の摩擦熱によって起こし、火消しには雨水または河川水の天然の水を使用する。

また、折鶴は過去1年間の世界の出生数と死亡者数を元にした数をはばたかせる。この数には、命の繋がりに感謝し、出生を喜び、死者を悼む思いが込められている。

大イノコは自然の繋がりを表したモニュメントでもある。この大イノコのもとで、広島に集まり留まっていた人々の思いを、再度自然の循環に戻すものである。

このはばたきの営みは、日々を穏やかに過ごすことができることが、世界中からの他者への思いやりに包まれているからなのだということを感謝の気持ちとともに自覚し、さらに自分たちの日々の営みが自然の循環の一部にあることを再認識することを促している。

竹遊び☆ひろば

竹とんぼ・竹笛・竹ぽっくりなど、昔ながらの竹のおもちゃ作りの他、子どもの発想で広がる竹遊び☆ひろば。

焚き火もあるよ。竹串をつくってマシュマロを焼いてみよう♪竹工作の好きなお父さん・おじいちゃんも遊びにきてね。

竹遊び☆ひろばひろばの様子

袋町公園~秋のグルメ こだわりの一品屋台 11月3日(土)・4日(日)

■日時: 11月4日(土) 11:00~20:00 11月5日(日) 11:00~19:00
■場所:袋町公園
旬の食材を使った料理や、ここでしか食べられない大イノコ祭りにちなんだ料理が満載! 定番の竹酒もあり!
定番イノコうどん、名物イノコ焼き、猪肉料理、特製お好み焼き、竹酒など。

竹酒イノコうどん肉料理